平谷あきら島根県議会議員のホームページへようこそ!!

 

御挨拶

 

御挨拶

御挨拶
 
 新型コロナの感染、まだまだおさまる状況にはありません。また変異株という新たな脅威も出現し、政治、経済、文化芸術、スポーツまた地域社会等、様々な分野に、様々な深刻な影響が出ています。7月23日開催の東京オリンピック、8月24日からのパラリンピックは、新型コロナの感染拡大の状況・感染対策の徹底が成功の鍵となってきました。
 
 本県におきましても、いくつかのクラスターも発生しましたが、迅速に対応し、早期に解決に至っています。丸山知事が先頭に立ち、県民への理解と要請を丁寧に訴えてこられた事、そして職員の皆さんの日々のご努力が、少なからずこの様な状況で収まっている大きな要因のひとつだと思います。いま、各地区で新型コロナワクチン接種が行われています。今後はワクチンの接種者が高齢者から若者層へと移り、接種率が高まり、集団免疫が獲得できると思われます。
2022年度、来年度は世界経済、日本経済が経済活動の正常化に伴い緩やかな回復基調に入り、又全世界で極端な金融緩和策をとったことへの調整が始まってくる年と予想されています。
ワクチン接種が進み、現在の感染状況が改善されれば、いっきに人の流れも出てくる可能性は大きいと思われます。だからこそ、そのための準備を進めていかなければなりません。
 
6月定例会では「日本遺産認定に伴う地方創生への道筋について」「観光、集客ルートの整備について」「持続可能な小さな拠点づくりの取り組みについて」「第三セクターなど市町村の行財政課題について」「社会的弱者への就労サポートについて」「島根県立浜田ろう学校への通学支援について」「地域と企業の協働による住民の生活向上支援について」を行っています。まだ課題は山積しておりますが、誰もが安心して暮らせる街づくりを目指していきたいと考えています。
今後とも、県民の皆様の負託に応えるべき活動をしてまいります。
 
以 上
   
議 会 質 問 内 容
第472回  令和2年 6月 議会
第473回  令和2年 9月 議会
       【一問一答】
〇コロナ禍における小規模事業者への対応
〇日本遺産認定後の事業推進について
第474回  令和2年11月議会
       【一般質問】
〇将来を見据えた地域福祉の在り方について
〇ポストコロナ時代の地方創生について



第475回  令和3年2月議会
       【代表質問】
〇島根創生について
〇各市町村の“地方創生”イノベーションについて
〇今後の財政運営・2021年度当初予算について
〇地方空港の今後について
〇小さな拠点づくりについて
〇企業支援などの経済対策について
〇社会的弱者に対する支援と福祉の
         将来ビジョンについて
〇島根の教育について
   
まだ多くの課題が残されていますが、今後も引き続いて県と協議し、また皆様方のお声を聞きながら取り組んで参ります。
以 上
平谷あきら事務所
〒698-0024
島根県益田市駅前町34-6
TEL.0856-24-0185
FAX.0856-32-0133
 
<<平谷あきら事務所>> 〒698-0024 島根県益田市駅前町34-6 TEL:0856-24-0185 FAX:0856-32-0133